空と私とGenovaの青い空のおはなし。


by genovanosora
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

盛りだくさんな日曜日。

e0125607_4373896.jpg

今日は昨日のお約束どおり、空ちゃんデーならぬ、空ちゃんもお出かけの日♪〟
でも…と~ってもいいお天気だったので、地面が熱くて歩けない…空さん(泣)
…と言うわけで、日陰を求めて、前回も登場したGalleria Mazziniを通り抜けることに
e0125607_529793.jpg

抜けると…
e0125607_5322065.jpg

このTeatro Carlo Felice(Genovaの劇場)の、ちょうど太い柱の間から
出てくることになります。そして、ちょうどこの向かい側に来るのが、Genovaの中心
e0125607_5304175.jpg

Piazza de Ferrariです。いつもは人がいっぱいですが、今日はきっとみなさん
海で日焼けか避暑にに行ってるのでしょう…ほとんど観光客しかいませんでした。
そこからコロンブスの家の前を通って(空を抱いてたので写真がありません…次回!!)
坂を上って行くと、この教会が目の前に登場します(Duomoではありません…次回!!)。
e0125607_5335983.jpg

そして、今日の目的地であるティナおばあちゃんのお家へ“ようやく到着”しました~。
(わたしひとりなら20分弱の道のりが、空と一緒だと2倍近くかかるので大変^^;)
e0125607_5351061.jpg

おばあちゃんのPalazzoの木製エレベーター。よく故障してるので私は乗らない習慣
ですが(笑)イタリアに来てから、とっても素敵な木製のエレベーター、中には内部に
小さなソファーが設えてあるものまで…をときどき見かけます。きっと、故障が多かったり
いろいろメンテナンスは大変なんでしょうが、ぜひぜひ末永く維持して欲しいです☆〟
(急いでたので微妙な写真ですが…次回ゆっくり中を撮って来たいと思いますので)
おばあちゃんのお家では、おばあちゃんはもちろん、妹のフランカさんにも思いっきり
可愛がってもらって、我家のごとくソファーで“の~びのび”くつろいでおりました(笑)
e0125607_5363766.jpg

同じ道を通って帰って来た空さん、自分のお家のPalazzoは覚えたようで、敷地内に
入った途端ひとり走り出して、入り口へいちもくさんで楽しい日曜日は終了しました♪〟

…のはずが!!フランス人のお友達ソフィーから夕方電話があって、うちのすぐ近くにある
BARのテラス席で、の~んびりお喋りしながらのお茶をしました。もちろん空も一緒に♪〟
お隣りの席には、空の頭なんて“ひとくちサイズ”だよね…っていうそれはそれは大きな
ハスキー犬のような、とっても大きなわんちゃんがいましたが、空はお構いなしで(笑)
私の腕のなかで気持ち良さそうにスヤスヤ寝ていた、盛りだくさんな日曜日でした☆〟
(私の大好きなこちらのBARのことは、また今度ゆっくりと書きたいと思います^^/)
[PR]
by genovanosora | 2007-06-25 05:40 | Genova

Tanti Auguri!!

金曜日の夜は、日本文化の催しが23時過ぎに終わり、着替えてレストランに移動したら
もう0時近く…そこからみんなでわいわい楽しく夕飯(?)となったので、お家に帰ったら
2時過ぎ、寝たのは2時半でした…。そして土曜日はいつものように、楽器との合わせが。
ショボショボの目を見開くも、全然ダメな伴奏なのでした。申し訳ございませぬ…m..m
帰ってから、夜に備えて空と一緒にお昼寝をして、パワーを補給(笑)なぜならば
e0125607_4101441.jpg

仲良しのバレ(Valentina)のお誕生日会があったので。クリスマス・年越しとお邪魔した
バレ伯父ニーノ宅で、総勢12名でのテラスで夜風に当たりながらのバースデーディナー。
料理担当のバレパパとニーノの奥さんは、本当にお料理上手で“冷めないうちに!!”と
食べることに一生懸命過ぎて…懸命過ぎて…写真が全然ございません…反省m..m
いっぱい並んだ前菜や、ジェノベーゼソースのパスタ、メインのうさぎのグリルなどなど
そしてサングリア・ワイン・スプマンテ・食後酒に、Genovaで1、2を争うお菓子屋さんの
フルーツタルト(イタリアで美味しいタルトって少ないので)までどれも、美味し~い☆〟
…と食い気に心地よい酔いも手伝って、早々にカメラの存在を忘れてしまったのです(恥)
e0125607_4112415.jpg

こちらのテラスからは、Genovaの港が一望できます。※ボケてる写真ですみません。
Genovaのシンボルでもある灯台を眺めながらの、みんなでわいわい楽しい夜でした♪〟
e0125607_4123933.jpg

そして…ごめんね空さん…お留守番ご苦労さまm..mみんなからブーイングだったのです
               “なんで空連れて来なかったの~!!”と…。
明日の日曜日は一緒にお出かけするからね♪〟頑張っていっぱい歩いてね(〇^◇^〇)/
   
     “Valentinaの新しい1年がキラキラ輝く素敵なものになりますように…☆〟”
[PR]
by genovanosora | 2007-06-24 04:33 |

Giapponeの文化

e0125607_3434314.jpg

金曜日は午後からGenova Pegliという、バスで小一時間の町へ行って来ました。
日本文化の催し物が開かれるということで、声をかけて頂いて他の日本人の方達と
参加したのです。この日はと~ってもいいお天気で、目の前の海に入りたい気を抑え
e0125607_3443526.jpg

海を背に、この“なが~い一本道”をひたすら上って会場となるVilla Pallaviciniへ。
夕方になるとだんだん風が出て来て、肌寒い感じに…。そして20:30からのステージ
e0125607_3455133.jpg

そうなのです!!みんなで浴衣を着て、日本の歌を歌いました♪〟張り切って持っては
来ていたものの、なかなか着る機会(勇気?)がなく、日の目を見ることのなかった浴衣。
日本にいるときは、夏の花火大会、初詣、と毎年必ず浴衣や振袖を着ているのですが

       “やっぱり浴衣(着物)はいい♪〟日本人に生まれて良かった~♪〟”

と、毎回新鮮に思うので不思議です。今回はイタリアという、全く異なる文化の中で着た
のですから、言うまでもなくいつも以上に、日本人であることを嬉しく幸せに思いました。

それにしても、合気道・柔道・空手・弓道etc...日本文化を真剣に捉えているイタリア人の
姿を見て(特にチビッコたちの健気な姿に顔が緩みっぱなしでした☆〟)もっともっと
日本のことをちゃんと勉強しようと心に強く誓ったのでした←少なくともこの瞬間は…(笑)
[PR]
by genovanosora | 2007-06-23 03:36 | Genova

空/SORA

e0125607_6415565.jpg

何の意味もなく撮った5月30日20:30のGENOVAの空の写真。今この写真を見たら
とてもとても不思議な気持ちになりました…。私ひとりでイタリアで犬と生活していけるか
悩みに悩んでいた日です。この翌日ブリーダーさんに“行きます!!”と電話をしたのです。
私の生活に空がいなかった日々…なんて、何だか遠い遠い昔のよう…に感じてしまう。

空/SORAという名前の由来は(※由来なんて大したものではありませんが^^;)
イタリアにいるのだから、イタリア式に女の子なので“Aで終わる名前”であること
そして何より、ココで生活するようになってますます大切に感じる、母国日本の
自然にちなんだ言葉(花や季節などの)であること…フェミニン過ぎないこと(笑)

実家のさくら/SAKURAに合わせて、はな/HANAなども一瞬だけ頭を過ったけれど
イタリア人はHを発音しないので、“あな”って呼ばれるだろうから…穴はちょっとね。
そんなこんなで空になったのですが、イタリア語でSOLAだと“独りぼっち”などの意味
この上なく寂しい名前になってしまうので、頑張って“RのSORA”発音している飼い主です。
(※だいぶマシになったものの、気を抜くと未だにRとLの発音が同じになってしまうので…。)
 
こんな風に、いつになく頭をひねって(?)考えた名前だというのに、うちの優しい家族は

         “さくらと来たら、次は梅しかないだろう。ははは。”(パパ)
       “いや……。それに、でも最後がAじゃないとダメなんだってば”(わたし)
           “そしたら寅/TORAしかないだろう。ははは。”(パパ)

        “グレースケリーのケリーか、オードリーがいいわね♪〟”(ママ)
         “いや……。そもそも日本語ですらないじゃん…。”(わたし)
  “うん♪〟ケリーちゃんがいいわ!!ケリー♪〟ケリーちゃ~ん♪〟”(既に呼び始めるママ)

ママのオードリー好きはいつものコトだけれど(私も大好きだけど)、グレースケリーの方に
やたらとこだわったのがちょっと謎だった…ら、前日にグレースケリー展に行っていたらしい。
パパの方は電話(WEBカメラ)のたびに、とても“自然な感じで”TORAと呼び続けていました。
言うまでもなく、私が“名前は空に決定です!!”と宣言した日、彼らは謎のガッカリモード(笑)
あぁ、空ちゃん、こんなおかしなパパとママだけど、あなたの未だ見ぬ素敵な家族です☆〟
[PR]
by genovanosora | 2007-06-21 00:30 | わたし

ピアノ弾きの犬

e0125607_5551734.jpg

よくいろんな人から、空がピアノにどんな反応をするのか?と聞かれます
もちろん(←私の中ではもちろんなので)空はピアノが大好きだと思います。
こんな風に書くと、サッカーに続いて親バカ全開のようですが…冗談抜きで。
うちに来た翌日、初めてピアノの音を聞いたときも、急にムクッ!!っと起き上がって
私のところへ歩いて来て、抱っことせがみ、抱き上げると鍵盤の上に上がりました。
歩くと音が鳴るのが楽しいのか、鍵盤上を行ったり来たり、尻尾フリフリ楽しそう♪〟

みなさんは心配して冒頭の質問をしてくれますが、私の中では不安はゼロでした
実家のさくらも、子犬の頃からピアノの上で遊んだり、同じようなコトをしてたから。
グランドピアノが出す音は、耳のいい犬にはうるさいのでは…と心配になるけれど
私が弾くピアノの下でわざわざお昼寝したり、あるときは曲のクライマックスへの
盛り上がりに合わせて“わおぉ~ん♪わおぉ~ん♪”と一緒に歌ったりもしてました。
(↑うるさ~い、やめてくれ~、っていう抗議の叫びではありませんよ。たぶん…)
e0125607_5563096.jpg

しかし…最近の空さんは、名曲演奏後は必ずこうして“の~んびり”するように…。
ピアノ弾きの犬が、ピアノを弾く犬なのは嬉しいけれど…この何とも言えない態度
どうもみんなのこ~んな声が聞こえて来そう…“飼い主に似て態度がデ〇イ”と(泣)
[PR]
by genovanosora | 2007-06-20 06:23 |

目指せなでしこ!?

e0125607_055794.jpg

4歳からピアノをやっていて、何事も早くから始めるにこしたことはないと思ったり
いや、でも5歳から始めたバレエは硬いカラダがどうにもならず14歳でやめたしと
思ってみたり…好きで始めたコトでも続くものと続かないもの、向き不向きがある。
でもまぁ、とりあえずはチャレンジだ!!・・・と思って買い与えたサッカーボール♪〟
e0125607_0592467.jpg

サッカー英才教育を始めようと、このぐんぐん上達しそうなグリーンのボールを買い
今日試しに空にあげたところ…。予想以上の反応に、親バカを通り越して感動☆〟

                  “何と見事な足捌き!!”

小学校から大学まで、そして社会人でも続ける予定…とサッカー人生を歩む弟よりも
これはこれはキラリ☆〟と光るものを感じたぞ。私の直感がビビッ!!と来ましたよ。

               “弟よ、悪いが空はキミを超える!!”

e0125607_1015100.jpg

この話を聞いたママは、ゲラゲラ大笑いしながら驚くほど失礼なコトを言ってくれました。

             “足捌き!?捌くほどの足がドコにあるのよ~”

確かに、実家の同じミニチュアダックスのさくらは、サッカーするけど鼻中心のプレー(笑)
しか~し、うちの空は短い足をそれは見事に捌いてプレーします。鼻は使いません♪〟
さぁ、こうなったら目指すは…はて…イタリア代表だろうか?日本代表だろうか?むむ。
[PR]
by genovanosora | 2007-06-19 03:27 |

頑張れゾウクマさん!!

e0125607_8402014.jpg

先日、私がピアノを弾いていると“あれ?静かになった?”という瞬間があって、振り返ると
寸前までハッスルしていた空が、お友達のゾウさん&クマさんと川の字で寝ていました♪〟
  (よーく見ると半目で寝ていて怖いので…よーく見ないコトをおすすめします^^;)
e0125607_8433167.jpg

お友達とは言っても、彼らは空の“ハンターごっこ”のお相手なので…お気の毒なまでに
ボロボロになりつつありますが…。空の中の猟犬の血が目覚める瞬間、それはそれは
恐ろしい勢いで突進し、首元に噛み付き、床に頭を叩きつけ…と本能の為せる技(笑)
でも、カメラを向けるとこんな感じで“一緒にポーズ♪〟”ゾウさん束の間の休息です。
e0125607_8453344.jpg

クマさん&ゾウさん、これからもどうか“空のお相手”ヨロシクお願いしますねm..m
[PR]
by genovanosora | 2007-06-17 18:39 |

もっとゆっくりね♪〟

e0125607_5222889.jpg

空がうちにやって来たばかりの頃、振り返ると疲れて床の上で“まぁるくなって”寝てました。
なんて小さいんだろう…なんてとっても愛おしくなって、思わず抱き上げて抱きしめたのも
遥か遠い昔…のはずではないんだけれど…子供の成長めざましく(笑)急成長中なのです。
e0125607_5243864.jpg

こちらは“初めてのお出かけ”で、ティナおばあちゃんのお家に遊びに行って、天使のように
大人しく抱かれるままになっていて、足を骨折して療養中の妹のフランカさんも笑顔にして
“天使のようね”と絶賛を浴びたのです。そして先週の日曜日も、彼らの熱い熱いラブコールに
応えるべく天使参上したものの…慣れた空さん、好奇心旺盛でお家の中をウロウロウロ…。
大人しく抱かれる癒しの天使はいずこへ(苦笑)元気いっぱいに成長してくれて、嬉しい限り

                        でもね。。。

                  “もっとゆっくりでもいいんだよ~”

なんて、自分勝手なコトを考える飼い主なのです…。せめて写真に残したい!!と必死に
カメラと奮闘しますが、その“瞬間”ってやっぱりそのときだけのもの。心に焼き付けねば♪〟
[PR]
by genovanosora | 2007-06-15 05:37 |

決戦は日曜日。

e0125607_5441748.jpg

Genovaには2つのサッカーチームがあります。KAZU選手が在籍していたGENOAと
柳沢選手が在籍していたサンプドリアです。私はちなみにGENOANA(GENOAファン)
なぜって…私の周りはGENOANIが多いのと、赤と紺のカラーが好きなのと、何よりも
KAZU選手が好きだから。うふ♪〟以前はピアノのレッスンに行って、先生の住んでいる
Palazzo(建物)に住んでいるサンプの選手を見て、“ほぉ~”なんて感動してたけど
今は私の家の近くのホテルに、試合前に宿泊するGENOAの選手をよく見かけるし♪〟
(でも…実を言うとそんなにファンではない…ので名前と顔が一致してない…^^;)
そんな我が(?)GENOAが“セリエA昇格”をかけてナポリと戦った、決戦の日曜日には…
街中にこ~んな感じで、GENOAグッズを売るおじさんが溢れておりました(笑)
e0125607_5461117.jpg

でも…午後の試合だったので、みなさんお家でテレビ観戦に励んでいたのでしょう
いつもなら所狭しと人が寝転ぶ(日光浴する)今年から登場した芝生も、がら~ん。。
(この後は“セリエA昇格”に狂喜乱舞する人々で、大騒ぎになったようですが)
e0125607_6114441.jpg

人気のないガレリア内(アーケード内)で、ちょっと困惑気味!?の空さんであります
ココまで人がいないと、ちょっと寂しい気もするけど…たまにはいっか静かでね♪〟
こうして立ち止まっていた空に、ここぞとばかりにカメラ片手にしていた飼い主ですが

                    “Ciao♪〟Bella!!”

…とウインクしながら通り過ぎて行った、イケメンイタリアーノの口笛に釣られて
るんるん♪〟それは軽快な足取りで彼に付いて行ってしまった空さん…恥ずかしい。
彼もまさか付いて来ると思わなかったようで、それはそれは恐縮しておりました^^;
大和なでしこのわたし(?)に育てられていても、空はイタリアーナなのでした(笑)
[PR]
by genovanosora | 2007-06-11 05:43 | Genova

はじめまして。

e0125607_23381755.jpg

はじめまして、空/SORAとピアノ弾きのfuです。2月22日に生まれた空を、Romaのブリーダーさんまでお迎えに行ったのが6月1日のこと。そこから始まった、北イタリアの海辺の街Genovaでの空とわたしのおはなしです。気ままに綴っていきたいと思いますので、温かく見守ってください♪
e0125607_23404812.jpg

6月1日はあいにくの雷雨でした。ただでさえRomaまで5時間半かかる電車は、途中で1時間の立ち往生…。約6時間半後Romaの駅に到着、2000年に観光で訪れて以来のRomaでしたが、駅から出ることなくメトロでブリーダーさんのところへ。実家にいる同じくミニチュアダックスのさくらは、ペットショップで買ったので、ブリーダーさんの施設を見て少なからずショックを受けました…。温かい家庭にわんちゃんが5、6匹いるものと勝手に思っていたわたしは、犬のための小屋にいる数十匹のダックスを見て“ビジネスなんだ…”なんて。お姫様のように暮らしている実家のさくらと、ココにいるチャンピオン犬たちの人生の違いに、何だかブルーになってしまいました。それでも犬たちは愛嬌いっぱいで可愛くて、どの犬も美しかったです。3匹の子犬の中から1匹を選ぶのは、想像以上に至難の業でした…だってみんな可愛いんだもの(笑)それでも、他の腹違いの2姉妹より1ヶ月遅れで生まれた空とは、最初からビビッ☆〟というものがありました。後からブリーダーさんに、彼女のパパとママはカップリングされたわけではなく、想定外で自然にカップルになったこと、ママは未だ若く初産だったので空だけを産んだコト…を聞いて気持ちが決まりました。その証拠にパパとママは、私がいる間もずっと2匹ぴったり寄り添っていて、空は2匹の愛情から生まれた子犬だと嬉しくなりました♪

空とわたしのおはなしは、未だ始まったばかり。これからどんなコトが起こるのか!?
わたしたちにも想像できないこれからの生活・・・ちょっぴり不安・・・でも楽しみです♪〟
[PR]
by genovanosora | 2007-06-09 22:56 |